ショッピングカート
代替案を閉じる
友だち追加

2020年デジタル絵画の初心者が成功するために不要な点

小さい左矢印 小さい右矢印
2020年デジタル絵画の初心者が成功するために不要な点

新しい2020年に、何か願いをしましたか?目標を決めましたか?いや、違う。新しい2020年の目標はともかく、2019年の目標はどうなりましたか?私は、達成してなかったのです。2019年は経済後退の不景気な一年ですが、新たな2020年が既に来た、きっとつきがある一年だと思います!

私は今年も、デジタルのイラストレーターになる目標の完成に目指すように頑張っています!ここで、2019年に経験した私の心得をシェアしますので、イラストレーターになりたい方にも、ぜひご参考まで。

アイディアなしで始まる

アマのイラストレーターとしての私は、絵画を始める際に、真っ白なキャンバスから始まるのは、ややどこから始まるかと感じがすることはあります。アイディアなしのままで絵画するのは無意義で、素晴らしいお絵の完成にも難しいです。時間の流れとともに、困っている私は何もできず絵画ソフトを閉じるしかない。

絵画の前に、まずどんな作品を描きたいのかよく考えましょう。思いついたアイディア相関の資料や物を調べて、もっとのインスピレーションを出してから、より素晴らしい傑作を作品できます。

簡単に諦めた

絵画は、長時間に創造しなければならないことなんです。その途中で、簡単に諦めるのは駄目です。デジタル絵画は一歩一歩細かいから仕上げる必要があり、そういう簡単なことではありません。

低い解像度

多くの初心者は低解像度または小さいサイズのキャンバスから絵画を始める原因で、拡大の際には作品の質量が低くなり、ぼやけているかもしれません。

暖色及び寒色を使い熟せない

寒色 暖色 カラー

絵画に、色塗りのことは大事なことで、キャンバスで作者の考えを表現するものです。作者の考えに合う色を使い熟すのは相当の時間がかかり、勉強することは必要です。実は、プロとしても完全的に配色の意義を理解できません。アマとしての私達は、絵画の最初から自然的で快適な配色を塗るだけでは十分です。

総結

以上の数個の問題はただ初心者の絵画の旅に会う可能がある問題の一部です。絵画能力の向上とともに、これ以上の難題が出てくるかもしれません。私達は、勉強し続く心を持つように成長して、きっといつか優秀なイラストレーターになります。 

 

デジタル絵画相関の文章:デジタル絵画でストレスを解消

コメント