ショッピングカート
代替案を閉じる
友だち追加

デジタル絵画で初心者がよく間違えること三つ

小さい左矢印 小さい右矢印
デジタル絵画で初心者がよく間違えること三つ

アートにはルールなんてない。だから、自分の観点と創造力を入れたアートがわりに注目を浴びるのは、アーティストになることにすごく意義があることの原因だ。現在は、創造力がある小発明がたくさん、どこでも見える時代なんだ。創造性がいっぱいあるデジタル絵画には、調色なしで全てのカラーを使えることの最大のポイント及び面白くて自由に創作できることで、人々を魅了していた。って、デジタル絵画は簡単なことだと思わないでください。実際に着手したら、その難しさがわかるでしょう。

正直、デジタル作品をなるべくアナログ作品の感じに近くする初心者はよくいるんだよね?逆に、これは最も大きい間違いです。

以下は、デジタル絵画する際に初心者がよく間違える三つのところをご説明致します。初心者またはデジタル絵画を始めたい方には、ぜひ速く成長するようにご参考に。

模写ばかり

皆さんは、自分の尊敬しているアーティストマスターがいるよね。一途にそのマスターの作品を模写しているばかりの初心者が結構いるよね。彼の色塗り方、描き方及び思想までも真似って自分のものにすることなんて、だめだ。これで自分の創造力が限定され、自分なりのスタイルが形成できないだろうね。コピーは初心者に対しての大きい間違いだ。正直、以前まだ初心者だった私も自分の偶像画家の作品を模写してきた。多年経って、一部の絵画方法がわかったが、自分に合う描き方がますます離れていってた。その後、私は模写をやめ、自分だけによって創造し、自分なりの特別な描い方を探しに頑張っていきました。

ペイントソフトを依頼しすぎ

皆さんと同じ、私のパソコンで最新版のペイントソフトをインストールしてた。ペイントソフトの力によって、イラストや設計などの作業には便利になってどんな設計相関の仕事でも、限定の時間以内に仕上げることができる。後、様々なペイントソフトに夢中になり、パソコンで多くのペイントソフトをインストールした。しかし、数個のペイントソフトを持っていた私は、1件の作品の作業にもよく異なるソフトを使い、完成まで相当の時間をかけることは気がついた。時間を結構浪費した以外には、一味にペイントソフトの素晴らしい力を依頼することのせいで一度も自らアイディアを考えてなかった。デザイナーの私にとって、これはダメだ。正解の方法は、ペイントソフトの力を適当に借り、自分の才能を主に使うこそ、アーティスト。

諦めずに続く

 以上の間違いを解決したら、私は改めてアートに夢中になった。私が自分の才能を十分に発揮させるために、ペンタブを買ってPhotoshopで描いてみたが、機械音痴である私にはその使い方が難しくて、慣れるまでちゃんと工夫して、相当の時間が掛かるのは必要だと気がついた。その期間で、練習すればするほど創造の魅力を発見し、自分なりの描き方もわかるようになるかもしれない。だから、何のことでも完成するまでは諦めずに頑張っていくのは一番大事だ。

デザイン イラスト作成

以上の間違いを体験したことで、絵画の基礎能力をしっかり築いた私がやっとデザイナーと言えるようになった。適当にペイントソフトを使い、適当に自分の才能を発揮するこそ、正解の昇進方向だ。注意、あなたに優秀なアーティストになることを邪魔するのは、普通的には自分だ。

コメント