ショッピングカート
代替案を閉じる
友だち追加

世界で絵画のオークション高額な落札額 ランキング

小さい左矢印 小さい右矢印
世界で絵画のオークション高額な落札額 ランキング

金融危機の後、お金持ちの贅沢品への消費習慣は変わった。自分の資産の価値を長期的に維持するように、現金の代わりに芸術品に変える資本家はたくさんいるね。その原因で、芸術品の金額がどんどん向上していく。

現在まで、世界記録を超えるオークション落札額はひっきりなしに出てくる。絵画だけから見ると、普通な人が想像できない高額もよくある。って、世界で最も高額な絵画はなんだろう?最も人気のあるアーティストはいったい誰だろう?次に、ご説明致します。

1.ジャクソン・ポロックの絵画「ナンバー5, 1948」

ナンバー5 1948

ジャクソン・ポロック(1912年1月28日~1956年8月11日)はアメリカ出身の抽象主義的なアーティスト。2006年11月末3日に、この絵画は世界で一番高い落札額1億4000万ドルで販売された。購入者はメキシコ人投資家デヴィッド・マルチネス。

「ナンバー5,1948」は長243.8cm、幅120.9、「ポーリング」(塗料を注ぎ掛けながら線を描く技法)、「ドリッピング」(塗料を撒き散らして滴らせる技法)、「スプラッタリング」(塗料を粒状に飛び散らす技法)によって、複雑に灰色、茶色、白色、黄色の線で作成された。

作者より、「何か作成するのか分からないという気持ちを連れて絵画を始め、途中で何か作成しているのかわかったようになるこそ、ポイントです」と言った。

2.グスタフ・クリムトの絵画「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I」

アデーレ

絵画「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I」は2006年にRonald S Lauderに1.35億ドルで販売された。作者であるグスタフ・クリムト(1862年7月14日~1918年2月6日)はウィーン出身の象徴主義の芸術家。

彼の作品は金色を使うのに夢中になり、キャンバスの上に油彩と金彩を施すことで特別な表現できた。スイスの象徴主義のアーティスト「フェルディナント・ホドラー」、イギリスのアーティスト「オーブリー・ビアズリー」からの芸術への影響を受けた同時に、東ヨーロッパ民族の芸術及び中国のカラフルな線画の特徴を吸収したので、彼の絵画がいつも言葉で表せないユニークな感じがある。

作品では、恋に堕ちた少女のロマンティックな物語が描かれている。

3.エドヴァルド・ムンクの絵画「叫び」

ムンク 叫び

2012年5月2日に、ノルウェー出身のアーティスト「エドヴァルド・ムンク」の代表作品である世界で人気のある「叫び」が1.199億ドルで販売された。今はノルウェーの実業家「ペッター・オルセン」に所蔵されている。今回オークション落札額はすべてムンクについての博物館の建造に使う。

エドヴァルド・ムンク(1863年12月12日~1944年1月23日)はノルウェーの象徴主義のアーティスト。ムンクは常に人間の死亡、生命、気持ち、恋愛、恐怖などを絵画のテーマにし、強い線及び厚塗りの描い方によって描いていた。合わせて四つのバージョンの「叫び」があるが、これは1895年にできた第三版である。

2004年に「叫び」がノルウェーのムンク博物館で銃を持つ2名の泥棒に盗まれた。2年経ってから取り戻した。

4.パブロ・ピカソの絵画「ヌード、観葉植物と胸像 」

ピカソ

パブロ・ピカソ「1881年10月25日~1973年4月8日」、スペイン出身のアーティスト兼彫刻家、現代芸術の先駆者、西洋現代派絵画の主要な代表である。

「ヌード、観葉植物と胸像 」は1932年にパブロ・ピカソが愛人のマリー=テレーズ・ワルテルをモデルに描いた油絵。2010年に、ニューヨークで1.06億ドルで販売された。

作品では、美人のマリー=テレーズ・ワルテルが裸体でぐっすり寝ている。カーテンの上にパブロ・ピカソのような影を映したのは、パブロ・ピカソがマリー=テレーズ・ワルテルに無限大な愛を表現する手法だと思われている。

5.パブロ・ピカソの絵画「パイプを持つ少年」

パイプを持つ少年

2004年に100x81.3cmの「パイプを持つ少年」が1.04億で販売された。現在はドイツの商人「ゲオルク・トラークル」に所蔵されている。

「パイプを持つ少年」はパブロ・ピカソより1905年に作成された、絵画評論家に「モナ・リザ」に似ている神秘感及び「医師ガシェの肖像」相当の憂鬱さを持っている作品だと認められた。

作品では、パイプを持って、花冠を被って憂鬱な顔している思春期最中のパリの少年が描かれている。

コメント