ショッピングカート
代替案を閉じる
友だち追加

長年にわたるデジタルアートの進化

小さい左矢印 小さい右矢印
長年にわたるデジタルアートの進化

変化は避けられないものであり、進化はすべての人が信じ、目撃した概念です。世界の科学技術が発展していくとともに、デジタルアートも進捗して成熟になった。皆さんは最初のデジタルアート芸術品(映画・広告)がいつか出るのか知っていますか?実には1960年頃に、コンピューターグラフィックの先駆者と呼ばれているジョン・ウィットニー(John Witney)のもとで生まれた。

開拓者のデジタルアーティスト

1.フリーダー・ナーケ (Frieder Nake):彼は非常に有名な芸術家であり数学者でした。コンピューターが1960年代に発明された後、彼は数学と芸術を合わせて人を惹くアートを成功に作り上げた上に、人間とコンピューターと協力し共同に創造できるという理念を提出した。

2.レオン・ハーモン (Leon Harmon)とケン・ノウルトン (Kenneth .C. Knowlton):ケン・ノウルトンは1960年代に研究開発会社で働いていました。彼は同僚とともに、モザイク写真の実験を開始し、たくさんの小さな画像から大きな画像を作成しました。

3.アラン・カプロー (Allan Kaprow):アランは電気通信の原理を使用しながら重要な発見をしました。1969年に彼が世界で有名なアート作品「ハプニング」を作成した。同時に、「ハプニング」と「環境芸術」の発展と理論化に貢献し、フルクサスなど後に続くパフォーマンスアートの芸術運動に大きな影響を与えた。

モデムが開発されました

1979年のモデム開発に伴い、信号は電話回線を通じて送信され、インターネットの使用が可能になった。インターネットのおかげで、山ほどの素晴らしいイラストが生まれた。

デジタルアートという言葉はいつか出る?

1980年代、デジタルアートという言葉が初めて出た。エンジニアたちは「AARON」というアプリケーションを開発した。このアプリはロボットが床の上に置いた紙に描くことを手伝うことができる。科学技術の発展とともに、デジタルアートがコンピューターから、マウスで作成されるようになった。

お絵かきアプリの時代

1980年から1990年までの焦点はスキャナー、ペイントソフトとコンピューティングプログラムを一緒に使用することでした。1990年から2006年までは、マルチメディアの時代が始まり、アーティストと視聴者との双方向性は可能になる。

認められたデジタルアーティスト

1992年にモナ・ハトゥム(Mona Hatoum)がお見事な作品を発表しました。レイチェル・ホワイトリード(Rachel Whiteread)が1993年に世界に認められたデジタルアーティストになった。2000年より、アニメーション映画が人気になった。クレイグ・マリンズ(Craig Mullins)とジョン・フォスター(Jon Foster)、二人とも芸術家であり、アニメ映画のストーリーボードの説明に極めて重要な役割を果たした。

Sarah Ludeyは21世紀に最も有名なデジタルアーティストの1人で、ピクセルを使って彼女なりの魔法を作り上げました。彼女の作品はほぼGIFアニメーションで構成されています。

世界初のペイントソフト

ユーザーに絵画機能を提供してくれる世界初のお絵かきアプリは「MacPaint」。手で描ける魅力で世界に一番人気のあるペイントソフトになった。

結論

アートの発展は人に自分の創造力を発揮させることができる。世界の子供たちがほぼディズニーが好きということは今までにないです。3Dおよび4Dテクノロジーのおかげで、映画に現実感を与えているようになり、大人が従来より違うディズニー映画を楽しめるようになる。

Parbloでは、これまでにない描き心地の良いお絵かきペンタブをアーティストに提供するように目指しています。Parbloペンタブレットを使って、デジタルイラストの作成も楽勝になりますよ。今すぐ、Parbloのベスト製品A610 ProペンタブまたはMast13液タブの力を借りて次のレベルへ向上しましょう!

コメント