ショッピングカート
31
友だち追加

ガイド

江戸時代後期の浮世絵絵師・葛飾北斎

江戸時代後期の浮世絵絵師・葛飾北斎
1760年9月23日、下総国本所割下水(東京墨田区)に生まれた葛飾北斎は、本名が中島時太郎。画号は「春朗」をはじめ「宗理」、「北斎」、「戴斗」、「画狂人」、「卍」など30以上もある。14歳で版木彫りの仕事につき、18歳で浮世絵師の勝川春章のもとで描き始め、長い絵画の進路へ進んでいきます。 詳細へ