ショッピングカート
31

伝統絵画とデジタル絵画の違い及び特徴

9 8
伝統絵画とデジタル絵画の違い及び特徴

デジタル絵画は、日常生活でよく会うことがあり、もう珍しいことではないと思います。現在、デジタル視覚技術の高速発展は芸術家に芸術創作の前提及び基礎を提供してくれます。

油絵は昔から現代に至るまで、どんな発展してきても依然として油絵自身の芸術特徴をずっと持っています。それは言葉で表現しにくいですが、たぶん油絵の作成するに使用される材料、絵画ツール、描い方によってできたユニークな視覚効果は他の視覚芸術と違うという特徴だと思います。従って、デジタル絵画がその自身の特別な点も備わっているので、デジタル作品も世界でユニークな存在だと思ってます。

一、図形と創作の規則性
パソコン図形の物理属性から見ると、デジタル絵画の作品は非物質のものであり、重量と体積もなく、全ての図形が0と1の二つのバイナリコードより構造されているが、視覚上で感知できるものです。私たちはデジタル絵画するに、様々な絵画ソフト(Adobe Photoshop、Corel Painterなど)の使用しなければなりません。このような絵画ソフトは、基本的にソフト開発のプログラマーがコードで開発されたアプリケーションであり、全ての動作も設定された規則で行うことが決まりで、いかなる図形も明らかな規則性というデジタル絵画特徴があります。

規則性は最大のメリットは絶対精確
例えば、絵画ソフトで描かれた正方形などの幾何図形は絶対精確になっています。伝統絵画から作った図形と比べると、手描きの自然的な感覚に少し欠けているが現代主義設計理念の機械的な美学を主として表現しています。また、Photo shopソフト上のフィルタは偶然的、ランダムな効果に見えるが、実際にはフィルタが画像処理に対し、カラー相関の値を随分に了解してから平均に調整する画像美化機能であります。もう一つの点は、創作途中の手順は決まったことです。3D設計ソフトにより物体材質を設計することには、まずその材質の平面図を作ってからその3D物体にカバーして、そして材質の密度、明るさといった値を調整した後、2D効果画像の完成まで描画を始めます。デジタル絵画には、以上の順番に行う必要があります。一方、伝統絵画にはそういう決まりがなく、自由に描画できます。

デジタル絵画は規則性のおかげで、世界で絵画領域におけるユニークな存在になっています。しかし、規則性のせいか、機械的すぎの表現もよくあり、作成されたデジタル作品は不自然でイキイキしようとする感じがない原因で、成熟的な伝統絵画と比べられません。勿論、デジタル絵画開発者たちも、以上のような問題が気づいて、より先進的なデジタルなドローイングツールの研究に専念してきました。今のところ、世界の発展とともに、コンピューターやお絵描きタブレットなどのハードウェアの技術は向上になってきて、機械的な痕が減っている今、伝統絵画かデジタル絵画か区別できない作品もひっきりなしにどんどん出ています!

 

 

二、色と視覚効果
デジタル絵画はパソコン設備上でバイナリコードによって異なる効果(ブラシ、ペン、油絵など)を真似て画像を表現することです。つまり、デジタル技術は全ての絵画道具の効果を真似ることができます。デジタル技術によって、ただ明るさまたはコントラスト比の調整で得られる沢山の新しい色の中には、現実に調和できない配色が山ほどです。だから、デジタル絵画は様々な表現方式で絵画を行え、よりカラフル、より綺麗な作品を作成できます。

 

デジタル技術の発展は、私たちの生活のあらゆる側面に浸透しています。昔ながら、科学と芸術は今のように緊密になったことはありません。しかも科学技術の変革は芸術の浸透にこんなに大きい影響を及ばすこともない。ただいま、デジタル絵画は伝統絵画より若くて未熟になっていますが、順調に発展し続けている現在から見ると、成熟になるまでただ少しの時間だと思います。

デジタル絵画が新しいメディアであることのみでなく、未来の絵画芸術へ発展途中から生まれた産物です。

コメント