ショッピングカート
代替案を閉じる
友だち追加

初心者向けの色塗り・着色について

小さい左矢印 小さい右矢印
初心者向けの色塗り・着色について

いろいろ画像に着色することが好き?二つの違うカラーを合わせて新しいカラーを作り出すことが好き?それならば、塗り絵がおすすめです。だが、詳しい塗り方や調色などの難題は初心者にとってはやはり難しいですね。

ここでは初心者向け塗り方についての講座で、着色技巧やヒントをまとめたので、最後までご覧下さるといくらでも勉強になるかもしれません。

ペン

解説の前に、現時点で買えるカラーペンを紹介します。
➢アルコールマーク:名の通り、アルコールに染料が溶かしてあるペンで発色が鮮やかで、色の種類も豊富は魅力です。
➢ファインライナー:鋭いペン先で細書き筆記が可能。細かいところに着色するのによく使う。
➢水彩色鉛筆:水を微妙に調合し、水彩のようなグラデーション色彩を生み出すことができる。
➢ジェルペン:水性ペンのさらさらした書き心地と、油性ペンの耐水性を兼ね備えたまさに良いとこどりのペン。

鉛筆を友だちにする

鉛筆はたくさんのアーティストに愛用されて、初心者がお絵かきを始める時に最初に選ぶものです。それに、さまざまな色を簡単にブレンドできる。 1本の青鉛筆から、約20種類の色合いを得ることができます。

カラーパレットを選択

色を選ぶ時には厳格すぎる必要がない。落ち着いてよく考えてください。人物と図案をなんのカラーで着色すべきかノートでメモして想像してみよう。ブルー及びグリーンを使うことにしたら、それを基盤とした上で、また何か色を使うかよく考えてみよう。

色 カラー 塗り方

筆圧

筆圧は、影を描く上で重要な役割を果たします。上手に影を描けるようになりたいなら、どの辺が筆圧が強く描くべきか、どの辺が弱く描くべきかことは了解しておく必要があり、余計な作業を避けたほうがいい。また、軽微な筆圧で描いたところに筆圧を強くしたいならば、後でその上でより多くの層に加えることができます。

ブレンド

色鉛筆をブレンドするとグラデーション色彩になり、画面に新しい奥行きを与えることができ、作品を生き生きとしているのをさせる。色鉛筆の色にかかわらずに好きな色を重ねてグラデーションを作ることができます。

日常生活で、大自然からの美しい色合いをよく覚えることは、作品の色塗りにはいくらでも役立つことがあり、自分の色塗り能力を次のレベルに向上させることができると言えるでしょう。

以上はアナログについてのヒント。

これからは、デジタルを話しましょう。

デジタル絵画

最近、デジタル絵画はますます人気になっている。もしデジタルに興味があれば、やってみるのも悪くないのでぜひ試してください。パソコンとペンタブを持てばデジタルを始められる。

総論

以上の着色ヒントをアナログの絵描きを始めたい初心者の視聴者に役立てば嬉しいです。

また、アナログとデジタルが着色の上でそれぞれのメリットとデメリットがあります。アナログの作品は常にデジタルの作品より価値があると思われている。それ以外、アナログするには絵の具が必要、知らぬ間に使い切れることはよくあるですね。だが、デジタルのほうはこのような心配なし、パソコンやペンタブレットなど作業に使われるデバイスをよく買い替える必要もないので、将来的には良い投資だと思う。

コメント