ショッピングカート
代替案を閉じる
友だち追加

図形から立体を作成するための6点描画技法

小さい左矢印
図形から立体を作成するための6点描画技法

人は、一瞬に芸術マスターになれません。マスターを目指すのは、数年間の練習及び技能向上の決心が必須です。その決心を持てば努力と技能と合わせると誰でも偉大なアーティストになれます。全てのアーティストも最初の基本知識から勉強して自分の底力を見つけて能力を向上してきました。まず、芸術の基本知識を全面的に理解し、描画技法をよく知ることは必要です。

もし、読者たるものあなたは初心者なら、この文章はお勧めですよ。以下は、Matt Fussellアーティストが書かれた図形から立体を作成することについての技法がありますので、ご覧ください。Matt Fussellは、初心者及び中級芸術家に対しての教学に夢中になっている有名な視覚芸術マスターです。VirtualInstructorはMatt Fussellが運営されている芸術相関のサイトで、中にはたくさんの描画技法が記載されていて、初心者の皆さんにお役立です。Matt Fussellにとっては教学が彼の一番の趣味です。

影 描画技巧 立体 図形 描き 明暗

最基本描画技法の明暗手法を身に付けるのは、アーティストにとっては大事なことです。明暗は図面にまったく新しい次元を提供します。アーティストとして、光の効果を表現したい場合には、光&陰を描くことは必要です。まず図形を描いて、そして陰を加えると立体のような絵をできます。例えば、図形の丸いに陰を描いて立体的な球体を仕上げます。これは、明暗手法によって特定の所に陰を描いて立体に見える錯覚を作ることです。この光と影は、私たちに立体についてのことだけでなく光の来源も理解させます。特定の所はハイライト、ミッドトーン、主な陰、反射光、投影を含めます。ハイライトは光が直接に当たるところです。ミッドトーンの所は明暗の中央値があります。主な陰は他のところよりもっと暗いところです。光が物Aに当たると近くの物によって物Aに反射してくることはありますので、反射光のところは近くの物に反射されたのハイライトです。投影は物が光源を遮ると発生された影です。つまり、重要な点は着色のことです。この基本知識をよくわかると楽に簡単に図形から立体を作れることになります。

より完璧に錯覚を作るためには、以下Matte Fusselelが提供された6点ヒントをご覧下さい。

1.基本的な陰をよく分かって、複雑な陰の基盤としての基本的な陰を作ってみます。

2.複雑な立体でも基本的な幾何図形に分解できます。つまり、陰を加える前に基本的な図形を上手に描くのは大事なことです。

3.基本的な図形を陰の錯覚によって基本的な立体に変換できます。

4.バリューと陰の両方を適切に利用すると、複雑な立体を作成するのに役立ちます。

5.物を図形として扱う必要があります。

6.二次元の図形から三次元の立体に変換することによって錯覚を作ります。

以上はただMatt Fussellからの明暗(陰)についての一部の提示ですが詳細はhttps://bit.ly/2DvXXxiへ。描画に興味がある方は、ぜひ!

コメント