ショッピングカート
代替案を閉じる
友だち追加

人類文明に影響を与えたルネサンス期の十大名画

小さい左矢印 小さい右矢印
人類文明に影響を与えたルネサンス期の十大名画

ヨーロッパには、14世紀から17世紀までの時期がルネサンスといい、クラシックな知識及び知恵の代表であります。文化運動としてのルネサンスは、欧米文明のたくさんの領域に関与していた。特には芸術、宗教、文学と政治。ルネサンスの誕生は、人々の自然的な意識が向上されたことを表示します。中世紀の時、人々は知識を重視し始めたが、15世紀から16世紀にかけては最も盛んになりました。ルネサンスに生まれた芸術は、全て男から個人的な観点です。その中には、今でも尊敬されている傑作が山ほどあります。

以下はルネサンス期の一番有名な作品です。

1.モナ・リザ

モナ・リザ 作品 名画

レオナルド・ダ・ヴィンチの作品「モナ・リザ」が世界で最も認められる名画の一つであります。一番人々に惹くところは、神秘な微笑みです。いったい笑っているかどうか、現在でも結論がありません。実は、この名画の一番素晴らしいところは、その瞳です。どんな角度から見ても、モナ・リザがずっとあなたを見つめている感じがします。この作品は、ウッドで描いた油絵であり、現時点にはフランス政府に所有され、ルーヴル美術館(八大美術館の紹介)で展示されています。

2.プリマヴェーラ

プリマヴェーラはサンドロ・ボッティチェッリ画家より描いた作品で、イタリア語からの訳語である『春』と呼ばれる。人々はサンドロ・ボッティチェッリが1482年にこの絵画を完成したことと信じて、ルネサンス期の芸術の一つの代表だと認めます。多くの芸術家はこの作品には何か世界へ伝えるか分析してみますが、神話か、季節を春に変わることか、みんなの考えもそれぞれです。この絵画は、世界で最も物議を醸した作品そうです。

3.アダムの創造


「アダムの創造」は1512年に作り出され、ミケランジェロ・ブオナローティの代表作の一つであり、システィーナ礼拝堂の天井の絵画です。歴史上最も多く模写された絵画だが、その知名度が「モナ・リザ」に次いでいます。この作品には神様とアダムの手と触れ合いそうという内容が表示されて、人間の象徴であります。

4.最後の晩餐

レオナルド・ダ・ヴィンチ画家の一番最高の作品であるルネサンス期の名画。ジーザスが教徒たちとの最後の晩餐という内容が表示されます。お絵の妙な色、光、構造のおかげで世界で有名になりました。この絵画には現在でも不明な点がたくさんあります。例えば、ジーザスの右の人は誰か、マグダラのマリアのことかとみんなが疑っています。しかも、なぜジーザスが右の人との間が、V型になっているか知りたい人がよくいます。

5.アテナイの学堂

1511年に描かれた作品「アテナイの学堂」は、バチカン宮殿の主な四つの壁画の一つです。四つの壁画はそれぞれ哲学、詩歌、神学、法律を代表します。哲学の代表であるこの絵画は、中心にアリストテレス及びプラトンの有名な画家が描かれたので、ギリシャ哲学の一番最高の時期を代表できる作品だと認められます。それ以外、「アテナイの学堂」はルネサンス期の古典的な精神も完璧に表示します。

6.キッス・オブ・ジューダス

ジョット・ディ・ボンドーネ画家より1306年に作成した、イスカリオテのユダがジーザスを裏切った一瞬という内容の絵画です。スクロヴェーニ礼拝堂はジョット・ディ・ボンドーネ画家の壁画の拠点です。沢山の芸術家はボンドーネが天才だと認めて、彼の作品を越えるアーティストがいないと褒めます。この絵画には、裏切りの場合にジーザスとイスカリオテのユダ両方の表情をしっかり表現できることから見ると、ジョット・ディ・ボンドーネの才能は優れるです。

7.最後の審判

ミケランジェロ・ブオナローティより1541年に完成した作品はシスティーナ礼拝堂の祭壇の壁で発見されました。この絵画はジーザスが再びこの世に降臨し、神様が人類を審判する日という内容を表現します。作品の上の半分は死者が天堂で復活する様子、下の半分は罪人が地獄へ行く過程です。カラーの使い方及び素晴らしい描い方のおかげで、世界で一番尊敬された絵画になりました。

8.システィーナの聖母

ラファエロ・サンティが1512年に描いたルネサンス期に重要な作品の一つである絵画です。絵画には聖シクストゥスと聖バルバラを両脇にして、聖母マリアが幼児キリストを抱きかかえていると展示します。

9.聖母の被昇天

サンタ・マリア・デッラ・パーチェ教会の祭壇でティツィアーノ・ヴェチェッリオの作品を発見した。絵画には、赤いワンピースを着た聖母マリアが人生の終わりに、肉体と霊魂を伴って天国にあげられたという内容が表現されます。

10.ヴィーナスの誕生

1485年に作られた「ヴィーナスの誕生」には、ヴィーナス女神がキプロス島に着いたことが表現されます。お絵には彼女が貝の上に立つ純真で成熟した女性として描かれています。この傑作は当時の裸をテーマとする時期で完成され、ルネサンス期の重要な作品の一つであります。

画像来源:ウィキペディア

コメント